アカウント情報カートを見るレジに進む

史料纂集古記録編 第147回配本 京都金地院公文帳

著者名:上田純一校訂〔京都府立大学文学部教授〕
冊数:1冊
刊行年:平19
八木書店

京都・金地院所蔵の「出世大望之衆目子留書付連署等」を翻刻。江戸幕府より五山・十刹・諸山禅寺の住持就任を希望する禅僧らに与えられた公帖(公文)と関係書類の控。寛永12年(1635)寺社奉行が置かれて僧録が有名無実となるまで、崇伝の許に集った禅宗寺院就任希望に関する書類の控を集めたもの。公帖申請から発給までの手続きだけでなく、儀式次第の内容や幕府・僧録に対する礼金などが窺える。初代以心崇伝より12世住持蒼溟元方までの金地院の略史「御由緒之儀申上覚」を付録。【収録】1619〔元和5年〕~1630〔寛永7年〕

小社発行の新刊書、古書部店頭書架に在庫しております。
No. 700062
価格:14,300円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
東京都公安委員会許可済許可番号:301029600799
BOOKTOWNじんぼう
2020年6月 2日 火曜日 7342799 リクエスト (2005年9月26日 月曜日 より)