アカウント情報カートを見るレジに進む

史料纂集古記録編 第165回配本 兼宣公記2

著者名:榎原雅治・小瀬玄士校訂
冊数:1冊
刊行年:平24
八木書店

贈内大臣広橋兼宣(1366-1429)の日記で、一名『宣記』『後瑞雲院内相府記』とも。兼宣は仲光の子で、応永32年(1425)准大臣となり、同年出家して常寂と号した。日記の伝存するものは、至徳・明徳・応永・正長年間に属す。兼宣は、伯母が崇賢門院で、足利義満および義持に忠勤して栄達したので、その記事は、室町時代初期の政治・社会の研究に重要な史料とされる。【収録】②1423〔応永30〕~1424〔応永31〕

弊社発行の新刊書、古書部店頭書架に在庫しております。店頭に在庫がある場合は、お取引成立後、即日~翌営業日の内に発送できますが、弊社出版部倉庫よりのお取り寄せとなる場合、1~3営業日のご猶予を頂くことがあります。納期の詳細につきましては、ご注文の際にお問い合わせください。
No. 700021
価格:14,300円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
東京都公安委員会許可済許可番号:301029600799
BOOKTOWNじんぼう
2022年12月 2日 金曜日 10960882 リクエスト (2005年9月26日 月曜日 より)