アカウント情報カートを見るレジに進む

新天理図書館善本叢書35 蕪村集 1

著者名:天理大学附属天理図書館編
冊数:1冊
刊行年:令2
八木書店

【高精細カラー版】
室町から江戸時代にかけて成熟した
「座の文芸」の精髄を高精細カラーで複製!

【内容説明】
江戸時代中期の俳人蕪村は、夜半亭宋阿に俳諧を学び、のちに夜半亭を継承し俳諧宗匠となります。「芭蕉に帰れ」と唱え、蕉風復興運動の中心人物となり、また文人画家として独自の画風を極め、同時代の池大雅とともに活躍しました。
 本巻には、経済的支援者で門人でもあった寺村百池の家に伝来した新出資料を収録します。

【目次】
夏より三菓社中句集 明和3・5~7年(1766・68~70)
2高徳院発句会 明和7・8年(1770・71)
3月並発句帖 安永3~6年(1774~77)・天明3年(1783)
4取句法 明和7年(1770)写
5花頂山中高徳院発句会「時雨」句 明和8年(1771)
〔解題〕牛見正和(天理図書館)

小社発行の新刊書、古書部店頭書架に在庫しております。
No. 701076
価格:39,600円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
東京都公安委員会許可済許可番号:301029600799
BOOKTOWNじんぼう
2020年5月29日 金曜日 7329789 リクエスト (2005年9月26日 月曜日 より)