アカウント情報カートを見るレジに進む

近世演劇の享受と出版

著者名:大橋正叔著
冊数:1冊
刊行年:令元
八木書店

天理図書館の豊富な蔵書や、多くの文献に接した著者ならではの論考を2冊に分けて刊行する。

【内容説明】
新たな検証による従前説の訂正を迫る「浄瑠璃史における貞享二年」や近世文学・演劇についての文学史的な視座からの刺激的な論文を収録。加えて稀覯な資料を翻刻にて紹介

【目次】
第1部 浄瑠璃の享受
近世浄瑠璃芸論の問題 ―段物集の序跋をめぐって―
浄瑠璃史における貞享二年
元禄の上方浄瑠璃界
合作浄瑠璃の時代
『国性爺合戦』と鄭成功
歌舞伎・浄瑠璃界と西鶴
『甲陽軍鑑今様姿』と「甲陽軍記今様姿」
芝居と稲荷大明神
 コラム 歌舞伎から浄瑠璃へ

第2部 浄瑠璃本の出版
竹本一流懐中本について
謡本「曾根崎心中道行」二葉について
『好色橋弁慶』について
中字十行本の場合
 コラム 当て込みと上演年時の決定

第3部 出版と読者
近世の読者序説
写本から版本へ
太平記読と近世初期文芸について
近世文芸における『太平記』の享受

資料紹介
『諸事取締帳』(翻刻)
『姫神金龍嶽』(翻刻)
『四ツ橋娘ころし』補遺
『越中国立山禅定』(影印)

小社発行の新刊書、古書部店頭書架に在庫しております。
No. 701067
価格:12,100円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
東京都公安委員会許可済許可番号:301029600799
BOOKTOWNじんぼう
2020年5月29日 金曜日 7329763 リクエスト (2005年9月26日 月曜日 より)