アカウント情報カートを見るレジに進む

律令制国家の理念と実像

著者名:吉村武彦編
冊数:1冊
刊行年:令4
八木書店

律令制国家は何をめざし、実現したのか
気鋭の研究者が描く研究の現在

【内容説明】
律令法の施行により法治国家として整備された日本古代国家。
新たな法の理念と、従来の慣習による実態とを、具体的・多角的に検証。文献史学・考古学の研究者16名が、最新研究を書き下ろし。

第一部 律令制以前の法と支配
 律令制成立以前、国家による支配はどのようになされたのか。前方後円墳からみた国家形成、さらにはその社会的機能、東国・諸国への使者派遣に注目した大化改新詔の再検討、大宰府の成立過程、氏族・部の成立、藤原京の京域と条坊を巡る議論、毛野の地域像など、律令制成立以前の支配を具体的に明らかにする論考7本を収録。

 第二部 律令制支配の実像
 律令制成立以後、国家による支配はどのように実現されたのか。白村江敗戦を契機とした軍事力の組織化と法、未即位の皇女がもつ政治性、戸籍からみた法の理念と利用実態、律令制下の国造の実像、古代武蔵国の開発など、奈良時代に成立した律令法の理念と実像を解明した論考5本を収録。

第三部 平安時代の法と実像
 平安時代に律令制国家はどのように変容したのか。橘嘉智子の立后からみた平安初期皇后の特質、穢土認識に着目した異域出現の史的前提、任官制度の一つ「請」の具体像、房総での俘囚反乱など、多彩な論点で平安期の諸相を解明した論考4本を収録。

弊社発行の新刊書、古書部店頭書架に在庫しております。店頭に在庫がある場合は、お取引成立後、即日~翌営業日の内に発送できますが、弊社出版部倉庫よりのお取り寄せとなる場合、1~3営業日のご猶予を頂くことがあります。納期の詳細につきましては、ご注文の際にお問い合わせください。
No. 700947
価格:12,100円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
東京都公安委員会許可済許可番号:301029600799
BOOKTOWNじんぼう
2022年12月 2日 金曜日 10960598 リクエスト (2005年9月26日 月曜日 より)