アカウント情報カートを見るレジに進む

石橋忍月研究―評伝と考証―

著者名:千葉眞郎著
冊数:1冊
刊行年:平18
八木書店

日本近代文学の黎明期に逍遙・四迷・鴎外の作品をドイツ文学の手法で評論し文学研究の素地を確立、紅葉・露伴の真価を世に知らしめた忍月の生涯にわたる初の研究書。忍月の三男で文芸評論家の故山本健吉氏所蔵資料を探査して実証的に忍月像を描き、明治大正期における文学と人間の生き方を明らかに。

弊社発行の新刊書、古書部店頭書架に在庫しております。店頭に在庫がある場合は、お取引成立後、即日~翌営業日の内に発送できますが、弊社出版部倉庫よりのお取り寄せとなる場合、1~3営業日のご猶予を頂くことがあります。納期の詳細につきましては、ご注文の際にお問い合わせください。
No. 700391
価格:14,850円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
東京都公安委員会許可済許可番号:301029600799
BOOKTOWNじんぼう
2022年12月 2日 金曜日 10960782 リクエスト (2005年9月26日 月曜日 より)