アカウント情報カートを見るレジに進む

史料纂集古記録編 第160回配本 迎陽記1

著者名:小川剛生校訂
冊数:1冊
刊行年:平23
八木書店

菅原氏の儒者で公卿の東坊城秀長(1338-1411)の日記。「迎陽」は、秀長の号。記録の乏しい南北朝期における根本史料の一つであるが、ごく一部の記事が『大日本史料』に分載されているだけで、永らく未刊のままであった。今回、信頼すべき善本を選定し、全文を翻刻する。【収録】①1379・1380年〔康暦元・同2〕/同紙背文書 1398・1399・1401年〔応永5・6・8〕

小社発行の新刊書、古書部店頭書架に在庫しております。
No. 700020
価格:14,300円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
東京都公安委員会許可済許可番号:301029600799
BOOKTOWNじんぼう
2019年11月14日 木曜日 6599558 リクエスト (2005年9月26日 月曜日 より)