アカウント情報カートを見るレジに進む

史料纂集古記録編 第157回配本 勘仲記2 1278年〔弘安元〕~1282年〔弘安5〕9月

著者名:高橋秀樹・櫻井彦・中込律子校訂
冊数:1冊
刊行年:平22
八木書店

勘解由小路(広橋)兼仲(1244-1308)の日記。広橋家は文筆の家として朝廷に仕え、兼仲の父経光の『民経記』など代々日記を残した。本記は蒙古襲来に関する具体的な状況、将軍惟康親王の京都送還と久明親王の将軍宣下・関東下向など鎌倉幕府と朝廷との関連、持明院・大覚寺両統迭立、鎌倉後期の公家訴訟制度の実態と整備等々、政治・経済・宗教・文化・芸能、さらに宮廷儀式と多方面にわたる13世紀後半の一級史料。【収録】②1278年〔弘安元〕5月~1282年〔弘安5〕9月

小社発行の新刊書、古書部店頭書架に在庫しております。
No. 700007
価格:14,300円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
東京都公安委員会許可済許可番号:301029600799
BOOKTOWNじんぼう
2019年11月20日 水曜日 6620113 リクエスト (2005年9月26日 月曜日 より)