アカウント情報カートを見るレジに進む

史料纂集古記録編 第141回配本 葉黄記2

著者名:菊地康明・田沼睦・小森正明校訂
冊数:1冊
刊行年:平16
続群書類従完成会

後嵯峨上皇の近臣葉室定嗣(1208-1272)の公事日記。寛元4年(1246)、定嗣39歳参議兼大蔵卿から41歳権中納言までの間が中心となる。僅かな期間であるが、奉行院司として後嵯峨院政開始期の政務の衝にあたり、関東申次事務のうち雑務を分掌するなど、朝幕の間にあって枢要な地位を占めている。また院を中心とする諸公事・行事が克明に記述されており貴重である。【収録】②1247〔宝治元〕~1249〔宝治3〕索引・解題

小社発行の新刊書、古書部店頭書架に在庫しております。
No. 700005
価格:13,200円
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
東京都公安委員会許可済許可番号:301029600799
BOOKTOWNじんぼう
2019年11月20日 水曜日 6620184 リクエスト (2005年9月26日 月曜日 より)